オークション



車(中古車)を売るなら、中古車買取業者に買い取ってもらうか、ディーラーに下取りしてもらうのが一般的ですが、「オークション」を利用して中古車を売る方法もあります。


オークションといえば日本では「Yahoo!オークション」が有名ですが、オークションで車を売るメリット、デメリットはどのようなことが考えられるのでしょうか?


 オークションで車を売るメリット



高値で売れる可能性がある(逆もありますが・・・)。


中古車買取業者やディーラーでは値段が付かないような「低年式車・過走行車・不人気車・旧車・改造車」なども売れる可能性がある。



オークションで車(中古車)を売るもっとも大きなメリットは、中古車買取業者、ディーラーよりも高値で売れる可能性があるということです。


特に「低年式車・過走行車・不人気車」などは中古車買取業者やディーラーでは値段が付かないことも珍しくありませんが、オークションでなら1万円〜10万円ほどで売れる可能性が十分あるのです。


しかし以下にも説明していますが、オークションで車を売る場合はさまざまなデメリットも考えられますので、それらも考慮して利用しなければ後悔することもありますので注意が必要ですよ。


 オークションで車を売るデメリット



確実に売れる保証はない。


落札された場合の名義変更手続きはもちろん、オークションへの出品手続き、愛車の写真撮影、説明文など、各種手続き等をすべて自分で行わなければならないので面倒。


個人間での売買は色々不安(お金のやり取りや確実に名義変更を行ってくれるかなど)。


手間と時間がかかる(出品⇒名義変更手続き⇒お金のやり取りまで)。



上記の通り、オークションで車(中古車)を売る場合は、面倒、不安といったことが大きなデメリットとなりますので、例えば中古車買取業者やディーラーでは値段が付かなかった車がオークションでは5万円で売れたとしても、手間とリスクを考えれば、無料でも中古車買取業者やディーラーに引き取ってもらったほうが良いかもしれませんね。もちろんこれは人それぞれ考え方が違いますのでなんとも言えませんが・・・


また確実に車の名義変更を行っていなければ、自動車税の納付通知書が旧所有者へ送られてきたり、オービス(無人式速度取り締まり装置)で写真をとられた場合なども旧所有者へ速度違反の呼び出しが来てしまいますので、オークションで車を売った場合は、確実に名義変更を行いましょう!


車を売る際の税金


 Goo-net車買取オークションの特徴



オークションで車(中古車)を売る場合は上記の通りさまざまなデメリットが考えられますので、積極的にオススメできる車の売り方ではありませんが、落札者が個人ではなく中古車販売店などのオークションであれば、上記のデメリットはかなり少なくなります。


そこでオススメしたいのが中古車情報誌Gooでお馴染みのプロトコーポレーションが運営する「Goo-net買取オークション」です。


Goo-net車買取オークションでは、以下のような特徴があります。


中古車買取り業者に買い取ってもらったり、ディーラーに下取りに出すよりも高値で売れる可能性がある。


落札者は個人ではなくGoo掲載の中古車販売店なので安心して取引が出来る。


名義変更手続きなども落札者の中古車販売店が代行してくれるので安心。


希望額以下で落札された場合は売らなくても良い。


出品手数料、成約料などが無料(Yahoo!オークションで車を売る場合、出品料、落札料がそれぞれ2,940円かかります)。


以上のように個人間でのオークションよりも安心して取引が出来るという点がもっとも大きな特徴ですが、もちろん出品手続き、写真撮影などは自分でしなければなりませんので、多少の手間を惜しんでも車を高く売りたい方にはオススメできる新しい車の売り方、今後、主流となる車の売り方かもしれませんね。




たった35秒のオンライン愛車無料査定

私が車を買い替える際に、某トヨペットに言われた一言、「ガリバーさんの査定額以上は難しいです・・・」。高価買取はもちろん、代車の貸出、面倒な各種手続きも無料♪