ローン残債がある場合の車の売却


中古車売却とローン残債
車は高価なものなのでローンを組んで購入される方も多いと思いますが、ローンの残債がある場合でも車が売れるのか?と心配になる方もいると思います。


ローンを組んで購入した車の所有者(車検証の名義)はローンの支払いが終わるまでは「クレジット会社・信販会社・ディーラー」などとなっていますので、基本的には勝手に車を売ることは出来ませんが、実際はローンの残債があった場合でもまったく問題なく車を売る(下取り含む)ことが出来るので心配いりません。


ローンの残債がある場合は一般的に以下の2通りで車を売ることとなります。


 売った(下取りに出した)お金で返済



例えば、車のローン残債が50万円だった場合でも、車が50万円以上で売れればその売れたお金を返済に充てることによってローンを完済することが出来ますので、問題なく車を売ることが出来ます。




 新しくローンを組み直す




車のローン残債が50万円だった場合で、車が50万円未満、例えば30万円でしか売れなかった場合でも、その30万円を返済に充て、残りの20万円は新しいローンを組むことによって車を売ることが出来ます。


近年ではローン残債があった場合でも、このようにして車を売ることが出来るようになっていますので、中古車買取業者やディーラーに相談して最善の方法をアドバイスしてもらうことも大切ですよ。




たった45秒のオンライン愛車無料査定

私が車を買い替える際に、某トヨペットに言われた一言、「ガリバーさんの査定額以上は難しいです・・・」。高価買取はもちろん、代車の貸出、面倒な各種手続きも無料♪