車を高く売るコツ


中古車を高く売るコツ
車(中古車)を高く売るにはコツがあります。車種によっても異なりますが、車を高く売るコツを知っているだけで数万円~数十万円も売却額が違うことも珍しくありませんので、しっかりと車を高く売るコツを実践しましょう!


 誠実な対応を



売る物は車(中古車)ですが、買取り価格(売却額)を決めるのは当然、「人間」です。


売る人が嘘を言ったり、約束を守らなかったり、横柄な態度をとった場合、もしもあなたが査定員(営業マン)だったらどうですか?高く買い取ってあげようと思いますか?普通は思わないですよね?


ですので社会人として最低限の礼儀をわきまえ、誠実な対応を心がけるだけで、買取り価格が多少は上がるかもしれませんよ?査定員(営業マン)も人間ですからねσ(^_^;)


 洗車をする



車(中古車)を売る前には必ず洗車(ワックス)して、見映えをよくすることが大切です。


ボディの洗車だけでなく、車内に掃除機をかけたり、内側の窓ガラスを拭いたり、シフト回り、マットを綺麗にして査定してもらうことは最低限のマナーともいえます(場合によってはワックスがけも有効です)。


「査定前に洗車すると、小さなキズが目立ってしまう」


と思われる方もいると思います。確かに洗車すれば小さなキズが目立ってしまうこともありますが、査定員(営業マン)の方もプロなので見抜かれてしまいますし、逆に車を大切に扱っていなかったと思われてマイナス査定になることもありますので、必ず洗車してから査定をお願いしましょう!


もしも自分が査定員(営業マン)だったらどうですか?洗車もされていない汚い車と、ボディ、車内もピカピカに磨かれた車。どちらを高く買い取りたいですか?


車内に貼ったシールやステッカーがある場合もキレイに剥がしてから査定をお願いしましょう。


 車内のニオイを取る



ニオイ」というものは自分では意外と気付かないものですが、他人には耐えられないことも多いのです。


特に車内は密閉された空間となりますので、


・タバコのニオイ
・ペットのニオイ
・香水のニオイ
・芳香剤のニオイ


など、ちょっとしたニオイでも気になりますし、ニオイがきつい場合は当然マイナス査定をなりますので注意が必要です!


いまではカー用品店(オートバックスやイエローハットなど)に行けばさまざまな「車内専用の消臭グッズ」が販売されていますので、それらを利用して、少しでも車内が臭わないようにしてから査定をお願いしましょう!(ニオイでニオイを消すのではなく、消臭剤、脱臭剤などでニオイを元から絶つのが基本ですよ)


もしも自分が中古車を買う場合、クサイ車と無臭の車。どちらがいいですか?


 不要な物は車に置かない



車内はもちろん、トランクなどに余計な荷物があれば正確な査定額が出ないだけでなく、査定に時間がかかり、査定員(営業マン)に対しても印象が悪くなりますので、トランクにはスペアタイアなどの装備品以外は入れておかないようにするなど、査定してもらう場合は必ず不要なものを車内に置かないようにしましょう!


 小さなキズの修理をする



車を何年も乗っていれば、例え事故を起こしていなくても小さなキズの1つや2つはあるのが普通なので、実際にはそれだけでマイナス査定になることはあまりありません


しかし小さなキズが複数ある場合はやはりマイナス査定になってしまいますので、市販の補修ペイントタッチペンコンパウンド(研磨材)などで自分で補修するのも選択肢の1つですが、素人が小さなキズを目立たないようにしようとした結果、逆に傷が目立ってしまったりして逆効果になることもありますので、自己責任で行いましょう!


 大きなキズ・凹みは修理しない



結論から言います。大きなキズや凹みは修理しないで、そのままの状態で査定をお願いしたほうが結果的にお得となることが多いです。


確かに大きな傷や凹みはマイナス査定となりますが、多額の修理代を払って修理した場合でも、その修理代が全額、上乗せされて査定されるわけではありません。


また買取業者(ディーラー)などは自社整備工場などで安く修理できますので、修理代よりもマイナス査定額のほうが少なく、修理せずに査定してもらったほうが結果的にはお得となるのです。


もちろん知り合いの整備工場など格安で修理してくれるのであれば、お願いしてみても良いですけどね。


車両保険に加入している方は、翌年以降のノンフリート等級などを考慮して、車両保険を使って修理したほうがお得な場合もありますので、保険会社や査定会社などに相談してみても良いでしょう。


 保証書・整備記録簿(定期点検整備記録簿)を用意する



売る車の「保証書・整備記録簿(定期点検整備記録簿)」がある場合は、査定時に必ず用意しておきましょう。


保証書はメーカー保証を受けるために必要となりますので車両本体の保証書はもちろん、社外品(カーナビなど)の保証書もあれば高額査定に繋がる場合があります(取り扱い説明書もあればなお良いです)。


一方、整備記録簿(定期点検整備記録簿)があればその車の整備状況、オイル交換の頻度などが一目で分かりますので、買う側からすれば安心して買うことが出来ますので、プラス査定に繋がるのです。


 車検は関係ない?



車検が近い場合、車検を受けてから査定を受けたほうが高額査定に繋がると思われている方もいるようですが、結論から言えば、「車検は査定に大きく影響しないので、車検が近い場合は、車検前に車を売却したほうがお得となることが多い」です。


確かに車検が残り2年の車と、あと1ヶ月で車検が切れる車では車検が残り2年の車の方が高く売れることは間違いありませんが、業者は安く車検を通すことが出来ますので、売る側が車検を通してから査定を依頼した場合でも、車検費用(法定費用・手数料・整備修理費用)全額が査定に上乗せされることはほとんどありませんので、車検が近い車の場合は迷わず車検を通す前に査定をお願いすることをオススメします。


 社外品・オプション



売る車に「メーカーオプション(純正品)・ディーラーオプション・自分で取り付けた社外品」がある場合、高額査定に繋がることもあります。


基本的に「メーカーオプション(純正品)・ディーラーオプション」はどのような物でもプラス査定に繋がることが多いのですが、自分で取り付けた社外品(カーナビ・アルミホイール・エアロパーツ・サスペンション・マフラー・ハンドルなど)は物によってプラス査定に繋がることもありますが、逆にマイナス査定になることもありますので注意が必要です。


またオプション、自分で取り付けた社外品がある場合、ディーラーよりも中古車買取業者の方が高値で買い取ってくれる傾向にあります。


ディーラーはどんなに有名メーカーで高額な社外品でもほとんど評価してくれませんが、中古車買取業者などはこれらをきちんと評価してくれることが多いので、高価な社外品を取り付けている場合などは、ディーラーに下取りに出すよりも、買取業者に売ったほうがお得になることが多いですよ。


車検に通らないような社外品はマイナス査定になることが多いので、純正品がある場合は戻しておいた方が賢明ですが、取り外して純正品を取り付けるのにはお金がかかりますし、車両本体にキズを付けてしまうこともありますので、買取業者などに相談して、どちらがお得になるのかを考えましょう。


■自分で取り付けた社外品がプラス査定になる場合


有名メーカーの社外品


取り付けた社外品がその車に合っている


■自分で取り付けた社外品がプラス査定になならい場合


車検に通らないようなチューンアップ


取り付けた社外品がその車に合っていない(センスが悪い?)


社外品を取り付けるために車両本体、社外品にキズなどを付けてしまっている


上記の通りとなりますが、いずれにしても純正品があればプラス査定になる可能性が高くなりますので査定時に用意しておきましょう!


 事故車は素直に申告を



事故車(修復歴車)は確実にマイナス査定となりますが、査定員(営業マン)もプロなので(年間数千~数万の中古車を査定しますから)、もしも申告しなかった場合でも見破られてしまい、事故車であることを正直に申告しなかったために心象が悪くなり、「他にも何かあるのでは?」と思われてしまい、結局は正直に申告していたほうが査定額が高くなることが多いです。


ただ一口に事故車といっても事故を起こして車両のフレームが歪むような事故車から、ちょっとぶつけただけの事故車まで幅広く、大きくマイナスとはならない場合もありますので、いずれにしても事故車の場合は正直に伝えるようにしましょう!


また「メーター交換・改ざん」は素人が見ても分かりませんが、過去にオートオークション(業者が参加するオークション)に出していれば走行距離が登録されていますので、再度オートオークションに出したときに「メーター交換・改ざん」したことがバレてしまい、大きくマイナス査定となりますので注意しましょう!


買取業者によって事故車(修復歴車)の判定が異なる場合もあります。例えばA社では事故車と判定されても、B社では事故車ではないと判定されることも珍しくありません。


 日頃からのメンテナンスが大切



いくら査定前にキレイに洗車などをしても、査定員(営業マン)が見れば大切に乗られていた車かどうかはすぐに分かりますので、やはり日頃からのメンテナンスが車を高く売る基本となります。


定期的に洗車することはもちろん、海に行った後はサビやすくなりますので、早めに洗車したり(下廻りも忘れずに)、車両が色あせないようにカバーをかけるなどして大切に車を扱っていれば、必ず車を売るときにプラスになりますよ。


 複数の買取業者に中古車査定を依頼する



中古車を高く売るためには、車をどのように売るのか?「下取り中古車買取り業者オークション?」によっても異なりますが、まずは中古車買取業者に買取査定を依頼し、愛車の買取価格相場を知ることが大切となります。


そして1つでも多くの中古車買取業者に査定を依頼し、買取価格を比較検討することが愛車を少しでも高く売るための基本であることはいうまでもありません。


中古車買取り価格は買取業者によって、場合によっては数十万円も違ってきますので、必ず複数の中古車買取業者に愛車査定を依頼しなければ大きく損をしてしまうこともあるのです!


しかし中古車買取業者は全国に数多くありますので、1社1社、買取査定を依頼しては時間がかかりますし、面倒で仕方ありません。


そこでオススメなのが、「オンライン中古車一括無料査定」です。


パソコン、スマホがあり、インターネットにさえ繋がっていれば、一度の入力で簡単手軽に複数の中古車買取業者に査定依頼をお願いすることができますので便利ですよ。


■ズバット車買取比較の中古車一括無料査定


ズバット車買取比較は、ガリバー、アップル、カーチス、カーセブン、ラビットなど200社以上の中古車買取業者が参加しており、無料で一度に最大10社へ査定依頼が可能なので、簡単手軽に愛車をもっとも高く買い取ってくれる業者を探すことが出来るのです!


ズバット車買取比較







たった35秒のオンライン愛車無料査定

私が車を買い替える際に、某トヨペットに言われた一言、「ガリバーさんの査定額以上は難しいです・・・」。高価買取はもちろん、代車の貸出、面倒な各種手続きも無料♪